1. 緊張のプレゼン!声が震える人が知っておきたい原因と対策

緊張のプレゼン!声が震える人が知っておきたい原因と対策

 プレゼンを発表する時、いつも緊張して声が震えてしまう…。気になってしまいプレゼンに集中できなかったり、更には意識しすぎて 更に声が震えてしったりと悪循環に陥ってしまうことも…。今回は、そんなプレゼンで緊張してしまう原因と、その対策をご紹介。声が震えてしまう根本的な原因を解決して、緊張に負けないプレゼンを 行うことができれば、声の震えだけでなく仕事の結果も、より良いものに結びついていくでしょう。

プレゼンの内容を十分理解しておく

 突然ですが「バナナって何色ですか?」と聞かれた時。いくら緊張する人といえども自然に「黄色です」と答えられるでしょう。中には「一般的には黄色ですが、熟れる前なら緑とも言えますね」なんて答える人もいるかもしれません。この例えから見えてくるのは、緊張は知識不足が原因という点です。緊張する人でも、その質問に対する知識をしっかり持っていれば、しどろもどろとなって焦る事もなく、落ち着いて話すことができます。その落ち着いて答えられる姿勢が、緊張をなくし声の震える事も抑えてくれます。まずは自分が説明するプレゼンの内容を充分に理解しておく事。知識の無さから焦ってしまったりすることのないよう、準備しておくことが大切です。

切り返しの言葉を用意しておく

 そして、いくらしっかりと準備していても思わぬ質問が出たり、機材のトラブルや小さなミスは起きてしまうものです。大げさに言えば停電だって起きる可能性がないとは言えません。 とは言っても、そんなすべての「起きるかもしれない」というトラブルを すべて準備しておくのは不可能です。こういったトラブルをきっかけに緊張が高まってしまう。その原因は、自分で用意したペースが乱されるというのが重要になってきます。想定外の質問やトラブルに対して、崩れた自分のペースを用意する 切り返しの言葉を用意しておくことが対策になってきます。

わからない質問をされた時どう返すか 

トラブルでプレゼン進行が止まった時どう間をもたせるか 

など準備しておくと実際の対応に使えるだけでなく、準備しているという安心感から 緊張も弱まり声が震えるという事も抑えられてきます。

プレゼン開始前に大きな声を出す

 最後に、プレゼン発表前にしておきたいのは「大きな声を出す」という事です。 やはり単純に、人前で皆の注目を集めるプレゼン。 普段の会話と違い誰しも緊張してしまうもの原因の1つです。その緊張から声が震える事に繋がってしまうので、発生練習もかねて、一度大きな声を出してからプレゼンに挑むのが良いでしょう。と言っても、一人の空間ができないと事前に大きな声を出すのも難しい所。

 そんな時は、くしゃみのマネをして声を出すのがオススメです。例えまわりに人がいたとしても「失礼」とその後一言加えれば、まわりも気にせず終わってしまいます。 そして大きな声を出しても注目されないということで「たいしたことないな」という 緊張を緩和させるリラックス効果も得ることができます。プレゼン直前のくしゃみで緊張解きほぐせば、声の震えを軽減させるのに役立ちます。


 プレゼン前にしっかり準備しておくことで予想外の質問や出来事にも対応できるようになります。自信を持つためにもこのような準備をしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する