1. 会社の飲み会における乾杯の挨拶のマナー

会社の飲み会における乾杯の挨拶のマナー


 会社の飲み会や宴会での挨拶の仕方に戸惑った幹事の方も多いのではないでしょうか。マナーを押さえた挨拶をすれば、その後の飲み会も楽しく成功するでしょう。ここでは、飲み会の挨拶のマナーについて紹介します。

乾杯をする人は事前に決めておく

 乾杯をする人をその場で決めるのは時間がかかってしまいますし、場の空気も盛り下がってしまいます。事前に乾杯をする人を決めておくか、幹事が乾杯を務めるようにしましょう。

乾杯の挨拶の内容

話の内容は短くまとめる

 話の内容は短くまとめておきましょう。例えば、新年会では新年の抱負を言うと思いますが、その場合でも、すぐに言えるように事前に話の内容を決めておく必要があるでしょう。

「おごり」の場合は、その旨を乾杯の時に伝える

 上司や会社からお金が出ている場合はその旨を乾杯の時に感謝の言葉とともに伝えましょう。「ごちそうさまでした」と乾杯の挨拶で言えば、お金を出した人も報われるでしょう。




 ここでは、飲み会の乾杯の挨拶のマナーを紹介しました。マナーをきちんと守った乾杯の挨拶をして、その後の飲み会を盛り上げましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する