1. 会社の業務でサンダルを履く時に気を付けたいマナー

会社の業務でサンダルを履く時に気を付けたいマナー


 最近では社内でサンダルを履くことを許可している会社も多くありますが、ビジネスシーンにおいてはサンダルを履くのはマナー違反になる場合もあります。そこで今回はサンダルを会社内で履いてはいけない時や場所のマナーを紹介したいと思います。

サンダルを履いてはいけないシーン

会社の外では原則として履かない

 サンダルは原則的に会社の外に履いて出かけないようにしましょう。例えば、通勤時や、外回り営業の時は、サンダルを履いていると、自分の品位だけでなく、会社の品位を疑われてしまうので、やめるべきではないでしょうか。

社内以外の人に会う時は履かない

 来客や営業の対応などで社外から人が訪ねてきた場合もサンダルを履くのは避けた方が良いでしょう。

社内の正式な場では履かない

 社内の正式な式典や場所ではサンダルを履いてはいけません。社員が一同に会する場所などでは、ビジネスシューズを履くように心がけて下さい。





 ここでは、サンダルを履いてはいけない場所や場合を取り上げ、サンダルのマナーとしました。サンダルはラクですが、TPOをわきまえ、マナーを守って履くようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する