1. 会社の同僚や上司が病気になってしまった時のお見舞いのマナー

会社の同僚や上司が病気になってしまった時のお見舞いのマナー


お見舞いに合った人数と時間

お見舞いの時間は15分以内にする

 面会時間は15分程度にしましょう。相手が疲れてしまうようなお見舞いでは全く意味がありません。

お見舞いに行くときは少人数で

 部署や会社全員で行くと帰って迷惑になります。個人や2,3人程度の少人数でお見舞いに訪れるのが良いでしょう。

お見舞いのときに話す内容

マナーとして話してはいけない内容

 まず挙げられるのは、病気そのものの話です。ビジネスとしての付き合いという部分もありますので、病状や病気に触れることは避けましょう。また、仕事の話は、ストレスに感じてしまう方もいますので、お見舞いの際にはしてはいけない話の内容です。

話すと良い内容

 病状や病気のことを直接触れるのはいけませんが、「お体の具合はどうですか」「どうぞ、お大事になさってください」というような触れ方であれば大丈夫です。その他趣味や、仕事と関係がないような話をしても良いでしょう。


 ここでは、会社の同僚や上司が病気になってしまった時のお見舞いのマナーについて紹介しました。病気の人への配慮を忘れずに、お見舞いはマナーを守って訪れるようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する