1. プレゼンで成功するために知っておくべき配布資料の作り方のコツ

プレゼンで成功するために知っておくべき配布資料の作り方のコツ

 プレゼンは、自分が話してスライドを見せて終わりというものではなく、基本的に配布資料を配ると思います。配布資料は、話しているのとは違うので多少感情に訴えるのが難しかったり、アニメーションなどを使えないので強調することが難しかったりします。それでも印象に残るような配布資料を作るにはどのようにしたら良いのでしょうか。

箇条書きで示す

 文章だけで伝えなければならないので直感的に読みやすいと思うものである必要があります。その点箇条書きというのは、「見やすさ」と「分かり易さ」を両立させた素晴らしい表現です。箇条書きは、圧倒的に見やすいという印象を与えるので聴衆が情報を見逃す恐れもありません。

イラストより写真

 写真は、現実に存在するものを直接撮影したものなので現実感があります。写真を使うことで資料のイメージをより現実に近づけやすくなります。さらに発表内容にも現実感が出ます。プレゼンの印象も真面目で現実感のあるものになるでしょう。

専門用語の説明は、口頭だけで終わらせない

 聞き手のことを考えて、専門用語の説明は、口頭だけでなく、きちんと資料にも記載しましょう。資料の隅に、注釈での説明があると親切です。たとえ口頭での説明を聞き逃しても、資料を見ながら頭に入れる事ができます。


 全てに共通することですが、聞き手のことを考えるという姿勢が非常に大切です。自分が納得すれば良いのではなく、配布資料を受け取る相手のことを考えて作りましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する