1. 営業力を向上するために押さえておきたい目標設定の方法

営業力を向上するために押さえておきたい目標設定の方法


 営業マンは日々目標を設定し、それを達成していかなければいけません。しかしそもそも目標がきちんと設定されていないと台無しになってしまいます。今回は営業力を向上させるためにできる目標設定の方法をご紹介します。

明確で具体的な目標を

 目標を設定する時には必ず明確で具体的なところまで落とし込むようにしましょう。つまり自分の行動まで掘り下げるということです。「今日は顧客からきちんとヒアリングを行う」という目標を立てても具体的にどうすればいいかが曖昧なままです。「きちんとしたヒアリングを行う」ために具体的に何をするのかまで設定しなければ意味がありません。例えば「会話のキャッチボールを二往復以上行う」や「質問を5つする。その5つは…」などとそれを見た時に自分が何をするのかすぐに分かるものです。そこで初めて自分がその目標を達成できたかを判断できるのです。

同じ目標を設定しない

 今日立てた目標が達成できたのに次の日も同じ目標のままでは成長はありません。ほんの少しでもいいので前日よりも自分への負荷を重くした目標を立てるようにしましょう。失敗した時になぜそれが達成できなかったのかを分析することも大切ですが、達成した次にどのような行動に移るかも自分が成長するためにはかかせません。

時々人に判断してもらう

 自分で目標を立てて達成することを繰り返す時には、時々先輩などに確認することも大切です。自分で正しい方向に向かって目標設定しているつもりでも、客観的に見るとずれてきているということも起こりえます。より自分の力を伸ばすためにも、人に見てもらう機会も大切です。


 具体的な目標を設定し、達成できたら次はもう少し目標達成の難易度をあげる…ということを繰り返していくことでより営業力をつけることができるでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する