1. 英語でのプレゼン、始まりはどう話せばいい?

英語でのプレゼン、始まりはどう話せばいい?


 英語でプレゼンをするとき、どのように話し始めていますか?日本語をただ英語にしただけの表現では違和感が出てしまうかもしれません。今回は英語でのプレゼンの始まりの言葉に焦点を当てます。

挨拶で使える表現

 まずは簡潔に感謝の気持ちを表しましょう。次のような言葉なら多くの場で使えるでしょう。

I am very happy to see all of you today.

 今日は皆さんにあえてとてもうれしいです。

Thank you very much for coming today.

 本日は来てくださり誠にありがとうございます。

It is my privilege to present you about speech.

 本日は発表の機会を与えてくださり誠にありがとうございます。

本文文頭は疑問形で

 日本語では挨拶や自己紹介が長々と続くことが多いですが、英語では避けた方が良いでしょう。英語でのプレゼンではまずインパクトのある言葉で相手を引き込むべきです。ショッキングな一言や続きが気になる疑問を投げかけて、あなたのプレゼンに夢中にさせましょう。


 いかがでしょうか?日本語の直訳ではあまりにも芸がありません。英語ならではの思考法、英語ならではの表現法で見事なプレゼンをしてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する