1. プレゼンであがらないためのたった2つのコツとは?

プレゼンであがらないためのたった2つのコツとは?


 プレゼンをする際は誰でもあがってしまいますよね。大切なプレゼンであがってしまって、良いプレゼンができなかった、と肩を落とした経験を持つ人も多いのではないでしょうか?そんな、プレゼンであがってしまう悩みを持つ人達へ、プレゼンであがらないためのたった2つのコツをここにご紹介します。

①相手に聞いてほしい、知って欲しい気持ちを最優先にプレゼンしましょう

 プレゼンの目的は「発表する」ことではなく「伝えること」ですよね。しかし、いざプレゼン、となると、「人前で発表する」という意識が強く出てしまい、極度の緊張で話し方が早くなってしまったり、リハーサル通りにできずに後悔する、という場面が多く観られます。


 それは、「発表しなければならない」という意識からきていることが多いのです。しかし、相手に伝わらなければプレゼンは成功しませんよね。良いプレゼンというのは、リハーサル通り一字一句完璧に言えることではなく、聞く人にどれだけ伝わったかどうか、ということが最も重要なのです。そのために、「発表する」という気持ちを捨て、「相手に伝えたい」という気持ちだけを持ちましょう。相手に伝えたいからプレゼンするのです。相手に知って欲しいからプレゼンするのです。その気持ちさえあれば、必ずよいプレゼンへとつながります。

②緊張しても良いのです

 プレゼンで人前に出て発表する際、「緊張してはならない」と思い、余計に緊張してしまった、なんていう経験はありませんか?緊張しないように、という思いが余計に緊張を生んでしまい、最終的に極度の緊張に襲われてしまう例です。しかし、プレゼンの際に全く緊張しないことはいいことなのでしょうか?答えはNOです。


 全く緊張感のないプレゼンというのは、相手に真剣さや本気が伝わりにくく、逆効果となってしまう場合があります。それなりの緊張感というのは、相手にやる気・本気をアピールできるのです。そのため、多少の緊張は実はとても良いことだったのです。緊張することが悪いことという意識をなくしましょう。

おわりに

 「緊張したら失敗してしまう、緊張してはならない。」という気持ちを捨て、「緊張してもいいんだ。」という気持ちへ切り替えること、そして、「相手に伝えたい。」という気持ちを持つこと。このたった2つだけで、プレゼンの際にあがらなくなります。「緊張してもいいんだ。」という安心感が不安を消し去り、また、あなたの「相手に伝えたい。」という気持ちが、発表の場という意識を打ち消してくれるのです。あなたもぜひ、次のプレゼンで試してみてくださいね。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する