1. 忌引きで休むということを会社に連絡するときのマナー

忌引きで休むということを会社に連絡するときのマナー

 突然の不幸が有り、会社を休まなくてはならないこともあるでしょう。そのような時でも、しっかりマナーに則った対応をするように心がける必要があります。ここでは、忌引きで休むということを会社に連絡するときのマナーを紹介したいと思います。

忌引きになるとわかったときは

 忌引きになってしまうとわかった場合、すぐに会社に連絡するようにしましょう。連絡するのは、直属の上司か、自分の業務を管理している人にしましょう。

忌引きの連絡の仕方

まず、事情を説明する

 「実は身内に不幸がありまして、お休みをいただきたいのですが…」という形で事情を説明しましょう。このときに、事情を濁したり、はっきり伝えないのはマナーに反しますのでやめましょう。

場所と親族との関係を確認する

 次に、親族との関係と場所を上司に確認するようにしましょう。距離や、親族との関係によって忌引の日数の規定が違う場合があります。しっかりと伝え、日数を確定してしまいましょう。

連絡先を伝える

 連絡先が普段と変わってしまう場合は、連絡先を上司に伝えておくようにしましょう。忌引をしている間の緊急の要件などに対応することができます。

香典の有無を確認し、場所を伝える

 会社から香典を出す制度がある場合がありますので、香典がある場合は、葬儀がどこで行われるかを会社に伝えておく必要があります。また、香典を会社からもらう場合は、香典返しをする必要がありますので、確認した場合は、用意が必要だということも心得ておきましょう。

提出書類を確認する

 会社によりますが、忌引きを取る際に、確認書類を出さなければ行けない場合があります。会葬礼状などが必要な場合もありますので、事前に確認しておいた方が良いでしょう。



 ここでは、忌引きをする際の会社にへの連絡方法を紹介しました。忌引きをする際は早急に連絡し、詳細を伝えるようにしましょう。いざという時にこの記事が役に立てば幸いです。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する