1. プレゼンで著作物など資料を引用する時の書き方

プレゼンで著作物など資料を引用する時の書き方

 プレゼンで著作物を引用する際、権利者から許可をもらわない限り無断でコピーすることは違反とされています。そこでインターネット上の著作物の利用について説明します。

著作権法32条1項
「公表された著作物は、引用して利用することができる。この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない。」

出典: 社内プレゼン用資料と著作権 ~著作物を載せてもOKな場合とは ...


明瞭分化

 明瞭区分性とは、簡単に言うと出典を明らかにして他人の著作物であることを示し、「 」などを利用して区別することです。

主従関係

 これは、あなたの作成した文章が「主」で、あなたが利用しようとする文章が「従」というものです。この主従関係は、分量だけでなく引用の目的、内容、性質、引用のされ方(方法や態様)などから判断されます。つまり、プレゼンの内容が全て引用などにすることは禁止されています。


 以上の点に気をつければ社内社外に関わらず、権利者の許可なく利用することが出来ます。知っておくだけで大きく違うのでぜひ今のうちに覚えておきましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する