1. 会社内の内線をかける際に気を付けたいマナー

会社内の内線をかける際に気を付けたいマナー


会話を始める前に「お疲れ様です」と挨拶をする

 内線をかけるときはまず、通話相手に向かって会話を始める前に「お疲れ様です」と挨拶をするようにし、コミュニケーションを円滑に進める工夫をしましょう。

部署名と名前を名乗る

 挨拶の後にしたいこととしては、部署名と自分の名前をはっきりと相手に伝えることです。部署名や名前がわからないと、用件が上手く伝わらない原因になります。

用件を伝え、取り次ぎを依頼する

 挨拶をすました後は、内線に出た人に用件を短く伝え、取り次いでもらうように依頼します。なるべく伝えやすい内容にまとめてあげると、取り次ぎもスムーズに行ってもらえるのではないでしょうか。




 ここでは、会社で内線をかける際に気を付けたいマナーについて紹介しました。内線でもしっかりとマナーを守る必要があるということがおわかりいただけたでしょうか。マナーを守って部署同士の連絡を円滑に進めてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する