1. プレゼンで起承転結をキレイに見せる構成の仕方

プレゼンで起承転結をキレイに見せる構成の仕方

 よくストーリーの流れとして「起承転結」という単語が使われますが、プレゼンも同じく「起承転結」を意識して構成しなければキレイなプレゼンにはなりません。では、どのようにすればキレイに見せることができるのでしょうか。

 起は、プレゼンでは背景の部分にあたります。ここでは、自分がなぜその場でプレゼンをしているのか説明しましょう。

 承では、プレゼンテーションの目的を話します。このプレゼンを通して何を目指すのかはっきり明確にしておかなければなりません。ここがあるかないかで伝わり易さが変わってきます。

 転では、具体的提案をします。問題点があるのであれば説明し、その上で具体的な提案をしましょう。なぜその提案が良いのかなど説明できるようにし、説得力を増しましょう。

 結は、最後のまとめになります。これまで話した内容は、短くまとめます。最後にインパクトが出るように「私は○○を提案します。」とキレイにまとめましょう。


 プレゼンの構成をキレイにまとめるためにも起承転結でそれぞれ何を話すべきなのか知っておく必要はあります。これら4つのポイントに気をつけながらプレゼンを作ると上手い構成となります。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する