1. ビジネスメールの宛名の敬称の付け方のマナー

ビジネスメールの宛名の敬称の付け方のマナー


会社・部署宛てのメールの敬称は「御中」

 会社全体に宛てたメールの場合、敬称は「御中」になります。また、部署に宛てた場合は、会社には敬称を付けず、部署名の後ろに「御中」と敬称をつけるようにしましょう。

個人宛てのメールの敬称は「様」

 個人宛てに送るメールの場合は、敬称は「様」でいいでしょう。また、役職名を名前に入れる場合は、役職名の後に名前を書いて、最後に敬称を付けると良いでしょう。

複数人に向けて送るメールの敬称は「各位」

 複数に向けて送信するメールの場合、敬称は「各位」で良いでしょう。各位の後ろに敬称を二重に付ける必要はありませんので注意が必要です。




 ここでは、ビジネスメールの宛名の敬称の書き方のマナーを紹介しました。送る人や団体に合わせて敬称を使い分け、マナーに沿ったビジネスメールの宛名を作りましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する