1. コミュニケーションをとるのが苦手な営業マンが普段から意識するべき2つのコト

コミュニケーションをとるのが苦手な営業マンが普段から意識するべき2つのコト


 営業マンの中には、コミュニケーションをとることが苦手で難しく感じている人もいると思います。今回はそんな人に対して、日々の中でできることをご紹介します。

相手の話を聞く

 コミュニケーションをとることに苦手意識を持っている人の多くは、自分が何か話さなければと思ってしまっています。しかし、コミュニケーションは双方向のものであり、自分ばかりが話せばいいというわけではありません。「自分が話さなければ」と意気込むのではなく、まずは相手に興味を持ち質問してみるなど、相手の話に耳を傾けることを心がけましょう。これを日々訓練していれば、営業の際も顧客から話を聞くことを習慣にすることができます。

自分から挨拶をする

 コミュニケーションに対して苦手意識を持っている人は自分から挨拶することを心がけてみてください。何を話せばいいのか分からないから話しかけられないという人も、挨拶だけなら気楽にできるはずです。自分から人に声をかけることは自信にもつながります。習慣にすることで、営業でもそれまでより積極的に声を出せるようになるでしょう。


 「自分はコミュニケーションをとるのが下手だから…」と諦める前にできることはあるはずです。営業マンとしての自信をつけるために、日々コミュニケーションを自分からとれるように意識してみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する