1. 社会人の基本として押さえたい、名刺交換のマナー

社会人の基本として押さえたい、名刺交換のマナー


必ず立った状態で名刺交換を行う

 名刺交換のマナーとして、立った状態で名刺交換をするというものがあります。名刺を交換する場合は立ち上がるようにしましょう。

名刺は相手の向きにして、文字に指がかからないようにする

 相手が見やすいように相手の方向に名前を向けるようにし、指が名前や会社名の文字にかからないようにしましょう。

名刺交換とともに自己紹介を行う

 名刺交換のときには、自分の名前と役職名を軽くあいてに紹介するようにしましょう。相手の名前が読みにくい場合は、読み方を確認するように心がける必要があります。




 以上が名刺交換のマナーとなります。名刺交換は他社と接する機会があるときの入口として大切なシーンでもありますので、マナーをしっかりと押さえるようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する