1. プレゼンで聴衆の興味を引くための効果的なジェスチャーの使い方

プレゼンで聴衆の興味を引くための効果的なジェスチャーの使い方

 ジェスチャーを使うことでメリットはたくさんあります。聴衆に話し手である自分の熱心さを印象づけることが出来、体を動かすことによって緊張も和らぎます。しかし、ただ体を動かすというだけでは、効果がないのでどのようなジェスチャーをすべきなのか紹介していきます。

オープンポジション

 オープンポジションとは、手の平を相手に見せ、正面を向くという動作です。このジェスチャーをすることによって話を聞いている側は、心を開いてもらっているように感じ、親近感を持ちます。オバマ大統領も実践しているジェスチャーでもあります。このジェスチャーで聴衆の警戒心を解いて興味を引きましょう。

アイコンタクト

 緊張しないために一点だけを集中してプレゼンを行う人がいますが、これでは聴衆を惹き付けることが出来ません。目を合わせないと信頼感が生まれません。逆にアイコンタクトをすることで説得力が増し、聴衆の印象も変わってきます。
あちらこちらを見る必要はありませんが、大事なポイントでは、アイコンタクトは非常に効果的です。


 ジェスチャーを使った方が効果的なのは間違いありませんが、使いすぎると落ち着きのない人だと思われてしまいます。自然に出来るように練習しておきましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する