1. 相手に失礼な印象を与えないための電話の話し方のマナー

相手に失礼な印象を与えないための電話の話し方のマナー


 電話の応対で相手から注意されてしまったというビジネスマンの方も少なからずいるのではないでしょうか。ビジネスマナーとして電話の話し方は必ず押さえたいものです。ここでは、ビジネスにおける電話の話し方のマナーについて紹介したいと思います。

内容の前に会社名と名前を名乗る

 ビジネスの電話では、内容を先に言ってしまうのはマナー違反となります。内容の前に自分の企業名と名前を先に言うのが正しいマナーです。

相手の都合を聞いてから用件を伝える

 相手はもしかしたら時間がないのに電話に出ているのかもしれません。相手の時間を確認するような、「今よろしいでしょうか?」という言葉を入れると、配慮の行き届いた話し方になるでしょう。

電話の最後は内容をもう一度確認する

 電話の最後には、内容の確認を行うようにしましょう。もう一度確認することで、伝えたことに漏れが無いか確認することができるでしょう。また、電話を置くときは、ガチャンと置くのではなく、静かに置くと、相手に不快にさせないで通話を終わらせる事ができます。




 ここでは、ビジネスにおける電話の話し方のマナーについて紹介しました。相手への配慮が電話の話し方のマナーで基本となる部分と言えるのではないでしょうか。ここで紹介した電話の話し方のマナーを守り、正しい電話応対ができるようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する