1. 飛び込み営業に来た人に対する適切な断り方

飛び込み営業に来た人に対する適切な断り方


 会社によっては、飛び込みの営業マンが多くて大変だという人もいるでしょう。今回は迷惑な飛び込み営業に対する効果的な断り方をご紹介します。

はっきりと伝える

 はっきりと断るのが苦手な人は、曖昧な言葉で「考えておきます」などと行ってしまいがち。しかし、営業マンもどうにか契約を獲ろうときているので、曖昧に濁してしまうと「この人はいけるかもしれない」と思いなかなか諦めてくれなくなります。本当にいらないと思っているのならそのことをはっきりと相手に伝えるようにしましょう。

「こちらから連絡する」と言う

 どうしても諦めてくれない営業マンには「必要な時はこちらから連絡する」と言うと、相手も諦めざるを得ません。また、自分から連絡すると言っている以上、営業マンも無理に営業をかけることができません。

最後には「お疲れさま」を

 営業マンも仕事で来ています。はっきり言うことは大切ですが、最後に「お疲れさま」と言ってあげるだけでもいいと思います。


 必要のないと分かっているものを営業に来られて粘られても、無駄に時間を使うだけでお互いにメリットはありませんよね。「大変だから話でも…」と思うのではなく、「必要ない」ということをはっきり伝えるようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する