1. 転職希望者は身につけておきたい、面接における入室時のマナー

転職希望者は身につけておきたい、面接における入室時のマナー


 面接の始めの印象を決める要因として、入室時のマナーが挙げられます。入室時のマナーが出来ていないと、面接の第一印象も悪くなってしまうでしょう。ここでは、転職時の面接における、入室時のマナーについて紹介したいと思います。

ドアのノックは3回する

 ドアのノックは3回するようにしましょう。この時に、中の面接担当者に聞こえるような適当な強さでノックするように心がけて下さい。

「失礼致します」と挨拶をして入室する

 入室時には「失礼致します」という挨拶を必ずするようにしましょう。面接担当者の方は、この時あなたの声を始めて聞くことになります。はっきりと明るい口調で挨拶をするといいのではないでしょうか。

半身が相手に見えるようにドアを閉める

 ドアを閉める時に完全にドアの方向を向いてしまうのはマナー違反です。半身になって、相手が顔を確認できる角度でドアを閉めるようにしましょう。





 ここでは、転職の面接における入室時のマナーについて紹介していきました。入室時にキチンとしたマナーを見せることでいい印象を持ってもらった状態で面接に入ることができるのではないでしょうか。転職を希望している方はぜひ参考にしてみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する