1. センスの良いプレゼンの色は○○!スライドの配色を決めるコツ

センスの良いプレゼンの色は○○!スライドの配色を決めるコツ


 スライドを作っていて配色に悩んだことありませんか?配色の悪いスライドはそれだけで観客の興味をそぎます。センスの良い配色でスマートなプレゼンをしたいものです。センスの良い配色とはどのようなものでしょうか?

テーマカラーは一色に

 一番よくないのは、あれもこれもとたくさんの色を選ぶことです。多くの色を使うと、スライドが語ごちゃごちゃして見づらい印象を与えてしまいます。配色を考えるときはまずテーマカラーを1つ決めましょう。その後に要所要所や文字の強調に使うアクセントカラーを決めます。テーマカラーとアクセントカラー、そして黒もしくは白のベースカラーの3色を使うと、すっきりとしたスライドが作れます。

知的に感じさせるのは「青」

 では、テーマカラーはどのように選べばいいのでしょうか?テーマカラーにはプレゼンのイメージにマッチした色が最適です。色のイメージとは、赤は情熱的、黄色は楽しいイメージ、というようなものです。


 ビジネスで一番使いやすい色は、すばり青です。青は落ち着きや知性を表す効果があります。Facebookなど、IT企業は青をイメージカラーにすることが多いです。青の知的なイメージがIT企業のスマートな印象とマッチしているのでしょう。



 いかがでしょうか?色には様々な効果があります。自分に合った色を選んで、より効果的なプレゼンを演出してください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する