1. 部下を指導するときに気を付けたい、注意の仕方のマナー

部下を指導するときに気を付けたい、注意の仕方のマナー


 部下を注意する際に、相手を傷つけてしまったという経験をお持ちの上司の方も多いのではないでしょうか。部下を注意する際にも気をつけておきたいマナーがあります。ここでは、そのような注意のマナーを紹介したいと思います。

感情的に注意をせず、冷静にアドバイスをする

 イライラしていることがわかってしまうような感情的な注意の仕方はいけません。注意をするときは感情的にならず、冷静に注意すべき内容を伝えるようにしましょう。

相手をけなすような内容の注意はしない

 相手の人格を否定するような注意の仕方をしてしまうのも、ビジネスマナーとしていいことでは無いでしょう。相手をけなす注意の仕方では、パワハラ問題に発展してしまう恐れもあります。相手の持っている背景や、環境などを注意に盛り込むことは決してしないようにしましょう。




 ここでは、指導する立場の方が気を付けたい注意の仕方のマナーを紹介しました。個人を尊重した上で、仕事の内容に対して注意を行うことを心がけることが注意のマナーと言えるでしょう。注意する立場の人はここで紹介したマナーを守って正しく注意するようにしてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する