1. 英語でのプレゼンで効果的な接続詞とは?

英語でのプレゼンで効果的な接続詞とは?

 英語で上手いプレゼンに見せるためには内容だけでなく使う単語にも意識しなければなりません。伝えたい内容を強調したり、対比させたりとしたいことがたくさんあっても上手く伝わらなければ意味がありません。それらを分かり易く伝わるために効果的な接続詞を紹介していきます。

Not only but also 

 "Not only A, but also B" とは「Aだけでなく、Bも」というネイティブの人もよく使っている言葉ですが、強調したいときに便利です。Bの部分に強調したいものを持ってくると良いでしょう。製品の機能の説明などに役立ちます。

On the other hand

 "On the other hand, S V." とは「他方では、その一方で」という意味です。対比として使われ、文頭に必ずあるので聞いている側も「対比するんだ」とすぐに認識することが出来ます。他社の製品やと自社の製品などを比べるときに役立ちます。もちろんこうすることで強調されます。


 ただ事実を並べるだけだと聞いている側もどこが重要なのか分かりません。このような接続詞を入れる事で重要な部分を強調させることが出来ます。さらに、自社の製品などをより良く見せるためにも非常に効果的と言えるでしょう。



U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する