1. プレゼンのベストな話す速さはどれくらい? - 話のスピードで気を付けたいポイント

プレゼンのベストな話す速さはどれくらい? - 話のスピードで気を付けたいポイント


 プレゼンで話すときはどれくらいの速さが良いのでしょうか?緊張して速くなりがちなプレゼンでの話す速さ。プレゼンでの話す速さについて、紹介します。

1分間で300文字

 人に一番伝わりやすいのは意分間に300文字の速さで話すことです。TVやラジオのアナウンサーもこの法則を守っています。普段の会話よりは遅めなので、心持ゆっくり話すようにしてみましょう。発表時間が決まっている場合は、それを基に原稿の長さを決めるとよいでしょう。

重要な部分ではゆっくりと

 1分間で300文字と言っても、単調に話してはいけません。重要なメッセージを話すときは少し間を置いたり、速度を2~3割落としたりしてみましょう。


 また、大きい会場や騒がしい場でも少しゆっくり話した方がいいです。声が聞き取りづらい状況では遅めに話して聴衆が聞き取りやすいように配慮しましょう。



 いかがでしょうか?慣れないうちは少し遅すぎると思うかもしれませんが、それくらいが聴き手にとってはちょうどよいです。適切な速さで話せば、今まで以上にメッセージが伝わりやすくなるでしょう。


U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する