1. 退職時にトラブルにならないための挨拶のマナー

退職時にトラブルにならないための挨拶のマナー


 飛ぶ鳥跡を濁さずという言葉があるように退職時は前にいた会社と円満に別れを告げたいと思う方は多いのではないでしょうか。ここでは、退職時にトラブルにならないための挨拶のマナーについて紹介したいと思います。

退職する理由を明確に伝える

 退職時の挨拶では、退職する理由を伝えるようにしましょう。例えば、新しい仕事をしてみたくなったであるとか、スキルアップをするためなどの理由がいいのではないでしょうか。はっきりと理由を伝えることで、今の企業の同僚や上司の方も納得して退職を祝ってくれるでしょう。

感謝の気持ちを込める

 退職の挨拶では、感謝の気持を表すようにしましょう。例えば、仕事中のエピソードに触れ、あのときはこうしてもらったであるとか、こういう点が心の支えになったという部分に触れることで、感謝の気持ちが伝わるでしょう。



 ここでは、退職時の挨拶のマナーについて紹介しました。退職をするからといって気を抜かず、最後までビジネスマナーを守り配慮することが必要なのではないでしょうか。退職が決まった人はここで紹介したマナーを守り、気持ちのよい退職の仕方を目指しましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する