1. 営業マンが違う会社の営業職に転職する時に成功させるコツ

営業マンが違う会社の営業職に転職する時に成功させるコツ


 縁あって入った会社でも、なんらかの理由で転職したいと思うことはあるだろう。今回は営業マンが別企業の営業として転職する時に成功するコツをご紹介したい。

今の会社で自分が貢献したことを明確にする

 転職活動では、ほとんどの場合即戦力として使えるのかが大切になる。そのためには、今の会社でどのような貢献をしてきたのかを伝える必要だ。それを明確に伝えることで、相手は自分を雇用した時にどのように働いてくれるのかを想像することができる。それはなるべく具体的なものの方が好ましいだろう。また主観的なものではなく、客観的に貢献できていると判断できるような内容にしようその方がより相手もイメージしやすくなる。

転職の目的を明確にする

 転職をする目的を聞かれた時になんと答えるだろうか。多くの人は転職の目的はなかなか答えられないものの、今の会社を辞めたい理由を聞かれるとすぐに出てくる。つまり、転職することによって今の不満を解消しようとしているのだ。特に営業マンが違う会社の営業職に就きたいと思ったら、その目的をきちんと自分の中で明確にしておく必要がある。同じ営業なのになぜ違う会社に行こうと思ったのか、不満の解消以外に理由が必要だ。


 転職を成功させ自分の満足のいく働き方をすることは難しい。そのためには、自分にとっての転職がどのような意味を持っているのかを考える必要がある。特に営業職の場合は、なぜその会社に転職したいのかを自分と向き合って考える必要がある。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する