1. プレゼンが下手という人におくるプレゼンスキルを向上させる方法

プレゼンが下手という人におくるプレゼンスキルを向上させる方法

 プレゼンがどうしても苦手でいつも上手くいかないという悩みを持っている人は多くいるのではないでしょうか。しかしずっと下手なままだと伝えたい内容でも伝わらず終わってしまいます。今後プレゼンで自信をもつためにも知っておくべき方法を紹介します。

観客を巻き込む

 プレゼンは、話し手が自分の話したいことをただ話せば良いというものではありません。聞き手にもきちんと伝わらないと上手くいったとは言えません。聞き手にもプレゼンに参加してもらうために観客を巻き込む必要があります。

質問をなげかける

質問を投げかけることで聴衆に緊張感を与え、プレゼンに集中させることが出来ます。

笑顔でプレゼンをする

自分が笑顔になることで親近感を湧かせることができます。聴衆も落ち着いて聞く事ができます。

2つのことに意識を置いて練習する

 プレゼンで練習は大事だと言われますが、ただ練習するだけでは向上しません。何度も練習しているのに本番では上手くいかないという人が多くいるのは、意識すべきことに意識して練習していないからです。その意識すべきこととは、時間場所です。時間は、本番でも制限時間があると思うのでその時間を意識しながら話すということです。録音などするとどのくらい時間がかかったかなど分かるのでオススメです。次に場所ですが、なるべく広いところで練習しましょう。座りながらなどの練習は効果がありません。本番でジェスチャーや歩くことが出来るくらいのスペースを確保しましょう。


 プレゼンが上手い人はそれぞれ自分なりの型を持っています。自分の型を見つければ緊張もほぐされ、上手なプレゼンを行うことが出来ます。自分の型を見つけるためにも以上の点に意識しましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する