1. 話下手な営業マンにおすすめしたいトークのネタの覚え方

話下手な営業マンにおすすめしたいトークのネタの覚え方


 営業のトークで苦しむ営業マンもいるのではないでしょうか。相手とどのような話をすればいいのか分からなかったり、話す時になると思い浮かばなかったりすることもあると思います。今回はそのような人に向けてトークのネタの覚え方をご紹介します。

ネタ帳を準備する

 新しい情報には触れているのに、いざ話す時になると出てこないという人はネタ帳を準備しておくことをおすすめします。そのような人はなにか面白いと思うことがあってもすぐに忘れてしまうことが多いのです。「この情報は人に話せそう」と思ったら、まずはメモとして書き留めることを習慣にしましょう。何かに書くだけでも記憶に残りやすくなります。その結果、近いキーワードが出てきた時にその話題が頭に浮かびやすくなるでしょう。

訪問前にいくつか考えておく

 営業で訪問する前には、「このネタをトークに使う」ということを決めておくこともいいかもしれません。一度会話が始まればその流れで話題を出すこともできるかもしれませんが、一番最初に話し始める内容は前もって決めておくとスムーズに会話を始めることができるでしょう。この時にもネタ帳があると便利です。


 トークにも練習や準備は大切です。しかし、苦手意識を持っている人にはそのようなことを考えていない人も多いように思います。トークで使うネタをきちんと覚えておくためには、自分でその仕組みを作ることが大切です。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する