1. 会社の電話応対における言葉遣いのマナー

会社の電話応対における言葉遣いのマナー


 ビジネスマンであれば会社の電話応対の仕方には注意を払う必要があるのではないでしょうか。乱れた言葉遣いで会社の電話応対をしてしまうと、会社の名誉を傷つける原因にもなってしまいます。ここでは、会社の電話応対における正しい言葉遣いのマナーについて紹介したいと思います。

丁寧語ではなく、尊敬語・謙譲語で対応する

 ですます調の言葉になっていれば、正しい言葉遣いのマナーになっているのかと言われればそうではありません。電話応対の際は尊敬語や謙譲語を使い、正しい敬語の用法を守ることが必要になります。

社内の人は敬称を付けないで苗字だけで呼ぶ

 ありがちなのは、上司に当たる人間にも敬意を払う意味をこめてさん付けしてしまうケースです。社外の人から電話がかかってきた場合は、基本的には社内の人間は呼び捨てにしてしまって構いません。また、役職名を名前の後ろにつけるのも誤ったマナーですので注意が必要です。




 ここでは、会社における電話応対の言葉遣いのマナーについて説明していきました。顔が見えない電話応対では、言葉遣いが重要になるのではないでしょうか。ビジネスマンとしての知識として、電話応対での言葉遣いのマナーをしっかり守りましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する