1. 転職時の面接における挨拶のマナー

転職時の面接における挨拶のマナー



 転職時には、ビジネスマンとして面接を受けるためビジネスマナーが備わっていないと評価を落としてしまう原因になります。挨拶がしっかりできないと、それだけで転職に失敗してしまうことになりかねません。ここでは、転職時の面接における挨拶のマナーについて紹介したいと思います。

背筋を伸ばし、お辞儀をする

 転職の面接の挨拶では、ビジネスにおける挨拶の基本ができていることが求められます。面接の挨拶をする際は、背筋を伸ばしお辞儀をしましょう。

面接が始まる時と終わるときでお辞儀の角度を変える

 面接が始まる時は30度、面接終了時は45度の角度でお辞儀をするのがマナーと言われています。お辞儀の角度によって感謝の意を表す意味合いも含まれているのではないでしょうか。

書類や資料を持参した場合は両手で丁寧に渡す

 転職の場合挨拶の段階で履歴書やポートフォリオを渡す場合がありますが、その場合は最初から持っているのではなく、カバンから取り出して、両手で丁寧に相手に渡すように心がけましょう。




 ここでは、転職の面接における挨拶のマナーについて紹介していきました。転職では、社会人のスキルとしてビジネスマナーが身についているのかが問われます。しっかりとした挨拶をすることで、ビジネスマナーがあることを示しましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する