1. 英語のプレゼンで聴衆を惹き付けるために使えるフレーズ

英語のプレゼンで聴衆を惹き付けるために使えるフレーズ

 英語でプレゼンを行うとネイティブに伝わらない場合などあります。日本で学んだ英語をそのまま使おうとすると伝わらなかったり、変な意味になってしまったりしまいます。「誤解を招いてプレゼンが失敗した」なんてことにしないためにも今から使えるフレーズを覚えておきましょう。

始めの挨拶

 "Good morning, everyone/everybody."
「皆さん、おはようございます。」

 "Thank you all for coming today." 
「本日は、貴重な時間をいただきありがとうございます。」
 
 このような挨拶であれば丁寧で常識ある人だと思われます。

プレゼンの目的を伝える

 "The purpose of my presentation is to talk about our new 
project." 
「本日のプレゼンの目的は、皆様に弊社の新しいプロジェクトについてお伝えすることです。」

 "The purpose of presentation is...""I would like to talk about..."
などと言えば、聴衆もこれからプレゼンの目的について話すんだと集中して聞いてくれます。

プレゼンの概要

 "I've divided my presentation into three parts." 
「3つのポイントに分けてお話させていただきます。」

 "First,..."「まず初めに、」や "Finally,..." 「最後に、」などそれぞれのパートごとに話し始めを聴衆に認識させることも非常に重要です。


 プレゼンでは、聴衆に伝わるというのが目的ですから分かり易い言い方でなければなりません。相手の気持ちになってみてどうしたら伝わりやすいか考えるとそれだけでも印象は変わってきます。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する