1. 会社へ贈る際に気を使いたい、お中元の送り方のマナー

会社へ贈る際に気を使いたい、お中元の送り方のマナー


 お世話になった方への挨拶として送られるお中元ですが、ビジネスマナーに沿った送り方のマナーができているでしょうか?ここでは、ビジネスマナーとしてのお中元の送り方について説明したいと思います。

注意したいのはお中元を送る時期

地域によって送る時期は異なる

 お中元を送る時期は地域によって異なります。関東では7月の初旬から15日頃まで、関西では8月の初旬から15日頃までとなっております。送る人の所属する会社の位置にあわせて臨機応変に変えていきましょう。

基本的には毎年送るのがマナー

 お中元は毎年送るのがマナーとなっております。もし、一度きりのお中元になってしまうような場合は、お礼状をお中元とともに送付するようにしましょう。

お中元の中身にも配慮が必要

 会社宛てに送る場合、中身にも気を配る必要があります。会社でお茶受けとなるようなものであれば、社内で分けて休憩時間などに消費することができるのではないでしょうか。小分けになっていて手の出しやすいものを選ぶのが会社に送るお中元のマナーと言えるでしょう。




 ここでは、会社のお中元の送り方のマナーについて紹介しました。送る時期や中身などに配慮して送ることが必要となります。会社の方針として得意先や営業先にお中元を送る必要があるという方は参考にしてみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する