1. 就職を斡旋してくれた人に対して送るお礼の手紙に書くべき内容

就職を斡旋してくれた人に対して送るお礼の手紙に書くべき内容


 就職を斡旋してくれた人に対してお礼を表そうと思ったら、まず手紙を思い浮かべると思います。今回は、就職を斡旋してくれた人に送る手紙に書くべき内容をご紹介します。

頭語と結語、時候の挨拶

 日本の手紙のマナーとして、最低限の言葉は入れるようにしましょう。それが、頭語と結語、そして時候の挨拶です。日本の手紙では、最初から本題に入るようなことはしません。文章の最初に頭語を入れ、事項の挨拶を入れるのが一般的です。このような最低限のマナーなきちんと遵守するようにしましょう。

紹介者に対する感謝

 これが、お礼の手紙の本題になります。紹介者のおかげで就職を決めることができたことに対してきちんとお礼を伝えましょう。

今後について

 今後、就職してからの抱負などを入れてもいいと思います。きちんと仕事に取り組まないことは、紹介者の顔にも泥を塗ることになります。自分がどのように仕事に向き合うかは紹介者としても知れたら嬉しいのではないでしょうか。


 また、手紙でお礼を伝えてもきちんと対面でお礼を言う機会は作った方がいいと思います。そのような旨も最後に書き加えておくといいのではないでしょうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する