1. 就職を斡旋してくれた人にお礼を言う時の3ステップ

就職を斡旋してくれた人にお礼を言う時の3ステップ

就職を斡旋してくれた人にお礼を言う時の3ステップ 1番目の画像

 何かでお世話になったらその人にきちんとしたお礼をするのは、最低限のマナーとして必要です。これは就職を斡旋してくれたり紹介してくれた人に対してもきちんとするようにしましょう。今回はお礼を言うステップをご紹介します。

①まずは手紙を送る

 その人のおかげで就職が決まったのであれば、まず取り急ぎの手紙を送るようにします。電話での連絡でも大丈夫ですが、きちんと手紙を送るようにすると相手にも誠意が伝わります。

②直接挨拶する

 手紙での報告の後には直接会う時間を設けることをおすすめします。その際には、何かお礼の品を準備するようにしましょう。お礼金を渡すこともありますが、金銭的に厳しいようであれば菓子折りなどでもいいと思います。

③中元や歳暮を送る

 紹介してもらい、そのお礼をして終わり…では寂しいですよね。今後の関係を続けていくためにも、中元や歳暮を送るのも大切でしょう。小さなことをきちんと行うことで相手からの信頼を得られるのです。


最後に

 就職後は、紹介者の顔に泥を塗らないように精一杯働くようにしましょう。それが相手に感謝を表す上で一番大切なことだと言えます。

社会人スキルは武器になる!20代・第二新卒の転職活動なら「マイナビジョブ20's」

就職を斡旋してくれた人にお礼を言う時の3ステップ 2番目の画像

 人の紹介で入社したものの、社風が自分に合わなかったり、思っていた仕事と違っていたりと、入社を取り消したい人もいるだろう。入社後のギャップに耐えられない場合は、転職することも一つの手だ。

 20代の転職は「経験が浅く、転職はうまくいかない」というイメージが強いが、実は社会人スキルやマナーがつき始めた若い世代は、有望として積極的に採用する企業が多い

 20代・第二新卒の転職には、「マイナビジョブ20's」がおすすめだ。全求人を20代対象とした、20代専門の転職エージェントとなっていることが最大の特徴だ

 「転職のノウハウがわからない」「自己分析が苦手だ」など、20代ならではの転職の悩みを一挙に解決し、面接対策も行ってくれるため、転職の成功率がグンと上がる。

 20代・第二新卒に転職したい人は、「マイナビジョブ20’s」に登録してみてほしい。 


U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する