1. 部下の育成を効果的に進める「コーチング」の方法

部下の育成を効果的に進める「コーチング」の方法


 部下を育成するためのコーチングは会社にとっても非常に重要なことです。3分間コーチングなどとよく聞きますが、 要は部下をやる気にさせることが目的です。コーチングといっても、部下社員とのコミュニケーションがでいていなければ成功することもないはずです。日々コミュニケーションを意識しつつコーチングを行い必要があるのです。また、社内の制度づくりも必要です。頑張れば頑張れるだけ自分のためにもなるようにしなければいけません。

仕事で悩んでいる時がコーチングのタイミング

 会社が始まると、皆自分の仕事で忙しくなります。もちろん毎朝ミーティングを実施しているところもあるはずですが、長い時間のミーティングよりも、短いコーチングを何度も実施するほうが効果的です。ではどのようにするのか、ということが大事なのですが、やみくもにやっても意味はありません。コーチングで重要なのは タイミングです。タイミングって意外に難しいものです。常に部下を見ていなければ、せっかくのチャンスを逃すことになります。一番いいタイミングは仕事でリバウンドが生じた時です。予測しない事態が発生した時、あるいは仕事で悩んでいるときです。


 このような時こそコーチングが必要なのです。対話し、どうづれば解決できると思うのか、ということを相手に考えさせるのです。自分で考え出した意見はとても貴重です。自分で成すべきことを理解したなら、そのことに責任を持って取り組むはずです。

自分で考えて行動させることが重要

 上司からの命令ではなかなか成果はあがらないはずです。自分で考えて行動させることが大切なのです。そのためには環境も大切です。言い出しやすい雰囲気というのはとても大事です。上司がかりかりしていると話したくても話ができません。その環境づくりができた上でのコーチングなのです。いろいろとテーマもあります。今後のビジョンや現状の把握などです。しかし、これらはあくまでもよくある事例の一つにすぎません。


 コーチングの目的はあくまでも部下をやる気にさせることです。そのためには部下の本音を聞きだす必要があります。しかし、こちらが暇だからと話かけても、向こうは迷惑としか思わないのです。困っている時、不測の事態が生じた時などは、本音が出やすい のです。ですので管理する立場にある方は、常日頃から行動を管理する必要がありますし、場合によっては叱ることも必要です。そして 相手の話はきちんと聞くことです。これは誰に対しても同じようにする必要があります。信頼関係も非常に重要な要素です。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する