1. 上司からの評価を落とさない!メールにおける上手な誘いの断り方

上司からの評価を落とさない!メールにおける上手な誘いの断り方


 上司からパーティーや飲み会などのお誘いメールを受けた場合、プライベートの時間を楽しみたかったりと、本当は断りたいのに断れない人も多いはずです・ その為、メールの文章に迷ってしまったり、そのままずるずると誘いを受ける、ということもよくある事かもしれません。ここでは、「上司からお誘いのメールが来た場合にはどのようにして断ればよいのか」、上司に対する上手な断りのメールを書くポイントを紹介します。

理由はシンプルに、嘘はつかない

 断りのメールを返信する場合、どうしても断る理由を書く必要があります。そうでなければ、必ず相手が疑問に思ったり、聞き返したりしてくるものです。そのような場合には、メールでは極力理由はシンプルなものにしましょう。あまり詳しく書きすぎると、言い訳がましくなったり、後で聞き返された時などに、嘘がばれてしまう可能性もあります。「都合により」や「先約がいるため」を用いることで、上手に断ることができます。

相手に感謝を告げる言葉を用いる

 文面の最初には「お誘いありがとうございます」の言葉と「非常に残念ですが」や「申し訳ございませんが」などの言葉を用いることが大切です。 また、前回連れて行ってもらったお店についての話を出し、「そのお店はよかった」などの印象を伝えておくだけで、飲みに行くことに前向きな姿勢を表現することができます。 相手がもし何度も何度も誘ってくるようなしつこい人間だった場合、この場面で相手をあまり褒めすぎると、また何度もしつこく誘われる可能性があるので、ほどほどに好印象を伝える必要があります。

次に誘われたときに繋がる一文を付け加える

 メールの最後には、次にまた誘ってもらえるように、一文を付け加えるのが望ましいです。 例えば「大変残念ですが、またの機会に参加させてください」「今度は参加させていただきたいです。またお誘い宜しくお願いします」等です。この一文を添えるだけでも、メールの印象は非常に良いものへと変わります。また、相手も次回に誘いやすい雰囲気を形作ることが可能になります。ですが、今後誘って欲しくない場合はこの一文は必要ありません。 そうすることで、相手にも分かってもらえます。


 上司の方も同じような経験をしたことがあると思いますし、意外とシンプルな文章で書くことで、気持ちも伝わり、上司も分かってくれるものです。上司の角を立てずに自分の時間を有効活用するために、断りたい場合はしっかりと断ることが必要です。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する