1. 上司にミスについて謝るときの言葉の使い方

上司にミスについて謝るときの言葉の使い方


 ミスをしてしまった時に上司に上手く謝る事ができず、火に油を注いでしまったという方も多いのではないでしょうか。謝罪をするときは言葉の使い方を考え、反省の色が見える謝り方をしなければなりません。ここでは、上司に謝るときの言葉の使い方を紹介したいと思います。

「ごめんなさい」「すみません」はNG

 上司に謝るときに使ってしまいがちな言葉として、「ごめんなさい」「すみません」という言葉がありますが、この2つは目上の人に対する言葉の使い方として間違っています。このような言葉を使ってしまいますと、さらに上司の印象が悪くなってしまいますので注意が必要でしょう。

「申し訳ありませんでした」と謝る

 上司に謝罪する時に使う言葉として正しいのは、「申し訳ありませんでした」という言葉です。この言葉でしたら、謝罪に誠意を感じてもらうことが出来るでしょう。

「どうも申し訳ありませんでした」はダメ

 「どうも」を頭につけがちなこの言葉ですが、「どうも」ではなく「誠に」を付けるのが正しい言葉になりますので気をつけましょう。




 ここでは、上司に謝る際の正しい言葉遣いについて説明していきました。きちんとした言葉遣いで謝ることで、上司の自分に対する評価を下げないよう心がけましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する