1. 「上司と会話が続かない…」という人が会話をする際に意識しておくべきこと

「上司と会話が続かない…」という人が会話をする際に意識しておくべきこと



 社会人として、人と円滑なコミュニケーションを取る事ができるという能力があれば、業務のあらゆる場面で役に立つことは周知の事実です。しかし、社員の中には、緊張のためか、上司となかなか、コミュニケーションを上手に取ることができずに、上司との会話が長く続かないと途方にくれている人も多いのではないでしょうか。上司との会話がうまくできないと業務にも支障をきたすかもしれません。できるだけ、早く、上司と会話が長く続くコツをマスターするのが、会社で生き残っていくコツとも言えます。

身だしなみも大切

 まずは、自分の服装や身だしなみのことを考えて見ましょう。会話が続かないという原因の一つに、身だしなみがきちんとしていないということもあげられます。上司も人間です。自分を不快にするような人とは誰もが長く話していたいとは思わないはずです。例えば、肩にふけが落ちていたり、ワイシャツの襟の内側が黒くなっていたり、アイロンをきちんとかけていなかったり、靴が汚れていたりということはないでしょうか。


 そして、口臭も重要です。口臭がある人との会話はどんなに、人格がよい人であっても、耐えられない場合が多いからです。きちんとした服装で、身なりも清潔感が漂っていたほうが、上司でも誰でも会話していて、気持ちがよいですよね。身だしなみを整えることで、スムーズな会話の助けになるのであれば、やらないという手はありませんね。

笑顔と恐れない心

 会話で一番大切な要素は笑顔です。どんなに喋りが下手であっても、相手の目を見て、スマイルすることが出来れば、それだけでプラスになりますので、笑顔の練習を鏡の前で一人でして出社するのも得策です。その際に、上司と話しているイメージトレーニングもすると良いと言われています。自分が上司と、すらすらと会話が続いているようなイメージを持ちながら、笑顔の練習をしましょう。上司と会話が続かないもう一つの原因に「緊張」や「嫌われたらどうしよう」という不安な気持ちを持つことがあげられます。このマイナスのイメージを払拭し、実際はどうか分からなくても、自分は上司に好かれているのだという前提をイメージして、会話をして見ましょう。自分に自信を持つというイメージトレーニングは必要です。

相手への思いやり

 上司と会話をするのと、一般の人と話をするのも、結局、大切なことは同じです。相手が喜んでくれるような会話を探すということです。例えば、上司の得意なことを興味を持って、質問したり、「なるほど」「すごいですね」というような簡単な感想を返すのも重要です。自分の言いたいことを言って、会話を長く続かせるのではなく、相手が 気持ち良くなるであろうトピックをあげたり、質問をするというのは得策です。相手の身になって、想像して、何を言われたら、喜ぶかというのを普段から、意識して、考えておくとよいでしょう。その際は、知ったかぶりをしたり、上司の言うことを否定したりするのは、印象が良くないので絶対やってはいけません。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する