1. プレゼンにおける効果的なグラフの見せ方

プレゼンにおける効果的なグラフの見せ方


 プレゼンを見せるときに気を使いたい部分として、グラフの書き方が挙げられます。わかりにくいグラフでは聞き手もかえって理解しにくいのではないでしょうか。そこで、ここではプレゼンのグラフを見やすく作る方法を紹介したいと思います。

目的に合ったグラフを使うようにする

 まず、グラフの種類を考え、変えるというのが必要になります。数字の伸びを知らせたいときは折れ線グラフ、構成率を知らせたいときは円グラフなど、目的が伝えやすいグラフの種類をつかうようにしましょう。

注目させたい部分を目立たせる

 スライドにそのままグラフが置いてあるだけでは、観客は何を伝えたいのかわかりにくく感じてしまいます。1番目立たせたい部分の色を変えたり、矢印をつけて注目するポイントを示す工夫をするといいでしょう。




 ここでは、プレゼンのスライドで、グラフをわかりやすく見せる方法を紹介しました。用途に合わせたグラフを使い、注目部分をわかりやすく提示することが必要なようです。美しくわかりやすいグラフを作成し、プレゼンを効果的にしたいという方は参考にしてみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する