1. 目標達成を目指す部下への指導法

目標達成を目指す部下への指導法

  • 1838views
  • 0fav


 上司の仕事は自分のセクションで確実に成果をあげることです。そのための具合的な仕事として、部下の仕事の進捗を管理して目標達成をさせるという事があります。


 どんな指導をすれば、部下はもう表を達成することが出来るのでしょうか。その為の指導法を、ここでは2つご紹介していきたいと思います。

目標設定から手伝う

 目標達成のためには現実的な目標設定が大切です。あまりにも現実的でない目標を立ててしまうと、目標意識が薄れパフォーマンスに悪影響を及ぼすからです。ある程度経験を積んでいる人ならば的確な目標を立てることが出来ますが、まだ未熟な部下の場合そうもいきません。


 そのため、部下が目標設定をする時は必ずフィードバックをしてあげましょう。そこで正しい目標設定をすることが部下の成長にも繫がる上に、目標を達成するための第一歩となります。

頻繁に報告を受ける

 目標設定の次に大事なのは習慣化です。日頃からどれくらいその目標を意識してやっていけるかということがとても重要なのです。


 そのために、上司は部下から定期的に作業の進捗状況と目標の達成度の報告をうけましょう。そして、その報告に対しての助言をしてあげることによって、部下自身でPDCAを回せるようになっていき、目標達成のために自分で頑張ろうという姿勢を持つことが出来ます


 目標達成をさせるためには、特別な指導法は必要ありません。部下との距離を大事にし、部下の状況に合わせたアクションを取ることが一番の指導法といえるのです。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する