1. 上司や先輩と良い人間関係を作っていくために気をつけること

上司や先輩と良い人間関係を作っていくために気をつけること

  • 2421views
  • 0fav


 社内における先輩・上司との付き合いはとても重要です。とはいえm,どんな風に付き合っていけばよいものなのか、特に新人には分かりにくいデリケートな問題になってきます。


 ここでは、上司や先輩と良い人間関係を作っていくために気をつけることをご紹介していきます。

距離感を適度に取る

 職場は特殊な環境です。基本的には仕事は利益を追求してなんぼの世界ですから、普段飲みに行ったり遊んだりするような友人関係とは異なる人間関係の作り方をしなければいけません。


 そのために大切なのは、適度な距離感です。先輩や上司とはいくら仲がいいとはいえ、毎日飲みに行ったり休日に一緒に出かけたりということはさすがにしたくないでしょう。


 あまりにも距離が離れていて良くないムードではいけませんが、自分の心的なパーソナルゾーンをしっかりと明確にして、あくまでも職場での関係であるということを意識すれば、先輩上司とも良い関係を築くことができるでしょう。

適度に褒める

 先輩や上司は、部下から褒められると悪い気はしないものです。あまりにも極端に持ち上げていては気味が悪いですが、適度に先輩のことを敬うような言葉をかけてあげることで、お互いの関係性がよくなっていきます。


 あくまでも自分は部下であるということを意識して、つい調子に乗って上から目線で話しすぎないように気をつけつつ、相手が喜びそうな言葉で褒めてあげるとよいのではないでしょうか。


 上下の関係性を保つのは非常に難しいですが、それでも不可能なことではありません。先輩上司のことを常日頃観察し、その人が喜ぶポイントを掴んでおくということも、良い関係を維持するためには大切なことです。


U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する