1. 見込み客に対して自社の商品を売り込む際の文章の書き方

見込み客に対して自社の商品を売り込む際の文章の書き方


 一線で活動する営業マンのみなさん、日々の業務大変おつかれ様です。各種のアプローチやアポ取りなどの活動で少しでも見込みのある相手先には、より成約につながり安いような次の段階のステップを考えたいものです。また既存の顧客でも一度製品を購入いただいたり、サービスを利用いただいてもしばらく時間が空く場合も多くあると思います。そうした顧客には可能な限り実際に足を運んで様子を伺ったり、新商品の案内をした方が良いでしょう。しかし遠方であったり、なかなか自分と相手先の時間的な都合が合わない場合もあると思います。そうした時には商品の説明を書いた自作の宣材や手紙やハガキなどを送るにも良い方法となるでしょう。

自社商品を売り込む際の文章の上手な書き方

 手紙やハガキなどで見込み客に新商品の案内などを送る際は、季節の挨拶を入れるなど最低限のビジネス文書や信書としてのルールを守るのは当然です。その上で、商品の案内は簡潔にわかりやすく伝えるのが鉄則です。一体なんの製品でどういった名前のものがおおよそどのくらいの値段や料金で手にできるのか、そのような商品そのものを説明する基本的な要素を必要にして充分かつ最低限の内容で書くべきです。


 相手からするといかに手紙やハガキでなにかしら送って来ようが、なかなか隅々まで目を通していただけるとは限らないからです。むしろ忙しい日常の中で他の宣材と一緒にゴミ箱へなんて事も多いのが現実です。少しでもそうならない工夫は必要でしょう。

紙の宣材は実際の訪問でも大活躍

 こうした紙の宣材は実は訪問時でも役に立ちます。会社の作成したパンフレットなどと共に自分でも自作でA4の用紙などに商品のアピールポイントや加えて自分自身の自己紹介などを簡単に添えるのは良いと思います。訪問時に口頭で上手に商品の案内をするのはもちろんですが、渡した宣材を後で見ていただいて、一層印象を強くする事が可能になります。また訪問時に、商店や個人宅の場合、決裁者たる社長さんや店長さん、旦那さんなどが不在の場合もあるでしょう。


 その場合に直接お話しした奥さんなり従業員なりが、その紙を本人に渡して「こんな人が来たよ」と言ってくれれば、その紙があなたに代わって営業をしてくれる事になるはずです。そうすれば次の訪問時やアプローチ時に一歩前進した段階で商談や案内をする事が可能になるでしょう。また運よくニーズがあれば、見込みのお客さんの方から連絡をくれるかも知れません。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する