1. スーツを着こなすために営業マンが知っておきたいスーツの基本

スーツを着こなすために営業マンが知っておきたいスーツの基本


 営業マンにとってスーツは自分をよりよく見せるための大切なツールです。しかし、意外と上手に着こなせていないビジネスマンがいるのも事実。今回はスーツを着こなすために押さえておきたいポイントをご紹介します。

ジャケット

 スーツのジャケットは座っている時は開けて、立っている時に正しく閉めるのが基本です。座っている時にボタンを閉めていると型が崩れてしまうので気をつけましょう。立っている時に閉めるボタンはスーツの形によって異なります。2つボタンの時は一番上のボタンだけを閉めます。3つボタンの時は一番上だけ、もしくは上2つのボタンを閉めます。どちらにしろ一番下のボタンは開けておくのがポイントです。ただし、スリーピーススーツの場合は常にジャケットのボタンはすべて開けておきます。

パンツ

 パンツは折り目(クリース)のラインを保ちましょう。立ったり座ったりを繰り返すうちにクリースはきれいではなくなってしまいます。クリースのラインがなければきちんとスーツを着こなしているとは言えません。収納時にはクリースに折り目をつけてハンガーにかけることをおすすめします。パンツはジャケットよりも痛みやすいので定期的にメンテナンスをするといいでしょう。


 また、ジャケットもパンツもしわがよっていると疲れて見えてしまいます。特に背中のしわはきていると自分では意識しにくいので、家に帰ってからチェックすることを習慣にするといいと思います。まずは基本を押さえて上手にスーツを着こなしてくださいね。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する