1. 上司とうまくコミュニケーションを取るために読んでおきたい3つの本

上司とうまくコミュニケーションを取るために読んでおきたい3つの本


1.「コクヨのコミュニケーション仕事術」

 コクヨの若手社員の研修をしている著者が若手社員で出てくる上司とのコミュニケーション上の悩みを解決するようなテクニックを紹介しています。実際の事例の中から部下と上司のコミュニケーションの問題が提示され、その解決方法が書かれているので、非常に実践的な一冊と言えるでしょう。

2.「仕事に必要なのは、『話し方』より『答え方』」

 部下と上司のコミュニケーションにおいては、自分から考えて話すというよりも、上司の質問に対して答えるというシチュエーションが多いのではないでしょうか。この本を読めば、上司からの質問や命令に対して適切な受け答えの仕方が身につくでしょう。

3.「誰からも『気がきく』と言われる45の習慣」

 気が利く部下というのは上司から信頼され、愛されるのではないでしょうか。この本を読むことで、「気が利く」というのはどういうことなのかがわかり、上司に気が利くと言われるようになるのではないでしょうか。




 ここでは、上司とのコミュニケーションをうまくとるために読んでおきたい本を3つ紹介しました。上司と日頃から上手くコミュニケーションがとれないという悩みを抱えている方は、本を読んで参考にしてみるといいのではないでしょうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する