1. 営業マンとして最低限身につけておくべき知識とは

営業マンとして最低限身につけておくべき知識とは


 営業マンとして自社の商品を提案していく上では、すべての知識が意味のあるものになります。意外な知識が営業に役立つこともあるのです。ではそもそも営業マンとして最低限持っておくべき知識はどのようなものなのでしょうか。

自社、競合の商品・サービスの知識

 これは当たり前かもしれませんが、自分の商品がどのようなものなのかをきちんと説明できなければそもそも提案ができません。それと同時に、他社の商品がどのようなもので、その商品とどのような差別化を図ることができるのかも知っておくことが必要です。

営業先の業界の知識

 自社が属する業界だけでなく営業先の業界についての知識も必要です。営業される側はそのような知識を持っていることを前提にしています。自社の商品を提案するためにはまずは相手と同じ土俵に立つ必要があります。相手の話をきちんと理解するためにもきちんとした知識を頭に入れておきましょう。

経営の知識

法人営業に限っての話になりますが
営業マンも経営に関する基礎知識を
持っておいた方が絶対に良いと思います。
なぜなら
企業が何かを購入するということは
直接的か間接的かを問わず
経営が良くなるため、
あるいは経営に不可欠なため購入をしているからです。

出典: 営業マンにも知っておいて欲しい経営知識/営業研修・セミナーのセールス ...

 自社の商品は少なからず相手企業の経営に影響を与えることになります。どのように経営が構成されているのかという知識はあった方がいいでしょう。


 今回は最低限頭に入れておいた方がいい知識をご紹介しました。しかし冒頭でも述べたように、営業には様々な知識が役に立ちます。時計について詳しければ、時計好きの社長との話を盛り上げることができるかもしれません。また、提案する時にもまったく異分野のアイデアが活かされることもあります。ぜひ知識を吸収することに貪欲になってくださいね。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する