1. 部下の指導をするときに使いたい効果的なコメントをする方法

部下の指導をするときに使いたい効果的なコメントをする方法


 部下を指導している時のコメントをどういう風にすればいいかわからず、困っているという上司の方は結構多いのではないでしょうか。上司のコメント次第で、部下の成長やモチベーションは変わるため、注意する必要があります。ここでは、部下の指導で使いたい効果的なコメントをする方法を紹介したいと思います。

プロセスと結果を褒める

 まず考えられるコメントとして、部下を褒める内容のコメントがあります。仕事の内容をプロセスと結果に分け、それぞれで良かった点を褒めるコメントをしましょう。

取り組み方や工夫を褒める

 結果とプロセスで褒めるコメントを考えた場合、特にプロセスのコメントの仕方がよくわからないという方も多いかもしれませんが、プロセスを褒めるときは、業務の取り組み方や、取り組む中で工夫した内容のなかで良かった点を褒めるといいでしょう。

注意するだけでなく、改善点をコメントする

 もっとこうすればよかったというコメントをする場合に気を付けたいのは、注意してコメントを終わらせるのではなく、次やるときはどのようにすれば注意した点がうまくいくのかというところまで踏み込んでコメントしてあげることです。そうすることで、部下は次やるべきことがはっきりと自覚できるでしょう。




 ここでは、部下の指導における効果的なコメントの仕方について説明していきました。具体性をもってコメントすることが、部下のモチベーションアップや成長につながるということがわかったかと思います。部下の指導をする上司のかたはコメントする際に紹介した内容を抑えておくと良いのではないでしょうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する