1. 「英語が苦手…」という人におくる、英語のプレゼンで使うことの多い言い回し

「英語が苦手…」という人におくる、英語のプレゼンで使うことの多い言い回し


 プレゼンは聴衆に自らの意見を伝え、理解してもらうことが目的です。独りよがりにならずに客観的にかつ説得力をもつプレゼンを行うのは本当に難しいものです。しかも、それを英語で行うとなればそのハードルは格段に高くなります。英語を得意としない日本人が英語でプレゼンをするときに、少しでもその苦労が減りますようにここでノウハウをご紹介したいと思います。

英語が苦手の日本人が英語でプレゼンなんて無謀だ

 英語が苦手な方が英語でプレゼンをするというのは、はっきりいって無謀です。想像して欲しいのですが、日本語が苦手な人が日本語でプレゼンしてあなたはどう思いますか?聞くに堪えないと思うのではないでしょうか?それが普通の反応です。しかし、逃れらない状況でしたら、そもそも英語でプレゼンすることは無謀だ、と認識することからはじめましょう。


 つまり、ダメ元と思って開き直りましょう。この開き直りがとても大切です。なぜなら、失敗してはいけないと緊張しっぱなしのプレゼンでは、どんなに流暢な英語を話していても説得できません。発表者の緊張が聴衆に伝わってしまうからです。だから聴衆は発表者の説明が耳に入ってこないんですね。でも、ダメ元だと開き直ってむしろ堂々としていると多少英語が変でも聴衆も安心して聞くことが出来ます。

英語が下手だと開き直って、はっきり口をあけて話す

 中途半端に英語を話せると思ってしまってる日本人に多いのが、カッコつけた発音です。Rの発音を強調したりFの発音を強調したり。そして、なぜか語尾を曖昧にする人が多いのです。ネイティブ英語が単語の語尾を消しているように聞こえるからでしょうか。アクセントだけの発音をしてる日本人がいます。しかし、そういう英語はとても聞き取りづらい。ネイティブは語尾を省略してません。しっかり発音をしてるのです。でも子音だけの発音なので耳が慣れてないと聞こえづらいだけなんですね。中途半端にカッコつけるよりもカタカナ英語のほうが実はわかりやすいのです。堂々とカタカナ英語で話しましょう。

英語のプレゼンでよく使う言い回し

 ここで英語のプレゼンでよく使う言い回しを紹介します。ここでは日本語と英語の直訳は必ずしも一致していませんが、ニュアンスは一致しています。日本語から英語への訳にこだわると違和感があることもあるので注意しましょう。


今日お話させていただくことは〜。 

What I would like to talk about today is ~. 

Today I am talking about ~.


こちらでお示したように〜 

As you can see, ~ (As I pointed here, でも可)


先ほどお話したのですが〜。

Let me remind you, ~


先ほど〜と言いましたが〜。

Having said that, ~


まとめますと〜

Let me conclude this presentation, ~


 大事なことは、堂々とはっきりゆっくり英語を話しましょう。そして英語にとらわれずにプレゼンの中身を作りこむようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する