1. 退職したいと申し出てきた部下を引き止める方法

退職したいと申し出てきた部下を引き止める方法


 退職したいと部下が申し出てきたときに、引き止めたいけど引き止める方法がわからないとお困りの上司の方は多いのではないでしょうか。引き止めるには理由や原因を明確にし、部下を説得する必要があります。ここでは、部下の退職の引き止め方について紹介したいと思います。

退職の理由を詳しく聞き出す

 退職する部下はおそらく理由を考えて申し出をしていると考えられます。しかし、その退職理由は本当のものであるとは限りません。退職に至った本質部分の理由を詳しく聞き出す必要があるのではないでしょうか。まずは、部下とコミュニケーションを取り、本当の原因を探るようにしましょう。

会社にとって必要な人材であるということを伝える

 引き止めたいと思う理由は、申し出てきた部下の方が会社にとって必要不可欠な人材であるからではないでしょうか。部下は自分が会社にとって必要ではないと考えて退職を申し出る場合も多いため、引きとめる際は、会社にとって部下がどれほど貢献しているのかを伝え、必要な人材であることを伝えましょう。




 ここでは、部下が退職を申し出てきた時の引き止め方について説明していきました。引き止める際は、会社にとって必要だということを伝えるようにすることがカギであるようです。部下が退職を申し出てきたという場合は、この方法を参考にしてみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する