1. 上司なら知っておきたい仕事を辞める部下に起こる3つの前兆

上司なら知っておきたい仕事を辞める部下に起こる3つの前兆


 部下が急に仕事を辞めると言ってきたら上司としては寂しいものです。しかし、その前兆を感じ取ることができればきちんと話し合いができるかもしれません。仕事を辞める時に見られる前兆をご紹介します。

1. 同期や上司との会話が減る

 その会社を辞めようと思っている人は、同期や上司とのコミュニケーションが最低限のものだけになります。今までよく話していたのに急に静かになった時などは、もう辞めることを考えている可能性があります。

2. 仕事上の不満を言わなくなった

 仕事に対して不満や要望が多かったのに、そのような話題が急になくなった時も、別の会社への転職が決まった可能性があります。「この前の要望の件だけど…」とこちらからさりげなく話を振ってみてもいいかもしれません。

3. 仕事へのやる気が下がる

 これは業務に対する姿勢だけでなく、休みが増えたり定時きっかりに帰ろうとすることも含まれます。「もう辞めるから」という姿勢で仕事に取り組んでいるため、自分の業務なのにどこか他人事で取り組むことも。


 もう辞めようと思っていたり辞めることを決心した人は、「もう辞めるから最低限のことだけやればいいや」という態度で仕事に取り組むことが多いため、仕事への積極的な態度がなくなります。そのような兆候を見逃さなければ、部下の気持ちをきちんと聞くことができると思います。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する