1. こんなときどうする?年上の部下が出来た時の呼び方

こんなときどうする?年上の部下が出来た時の呼び方


 年功序列の企業が減り、自分より年上の部下がいるという方も多くなってきているのではないでしょうか。特に困るのが、どういう呼び方で年上の部下を呼んだらいいのかということにあると思います。ここでは、年上の部下が出来たときに、どのような呼び方をすればいいのか紹介したいと思います。

全員をさん付けで呼ぶことで問題を解決する

 年上の部下がいる場合、周りとの区別を呼び方で変えたくないと思うでしょう。もし、現在部下を呼び捨てにしている場合、全員をさん付けで呼ぶことで年上の部下がいても対応出来るのではないでしょうか。そうすることで、全員に平等な状態で年上の部下にも対応することができます。

ルール作りで周りとの協調をはかる

 全員にさん付けすることで問題を解決することができますが、これを社内のルールにしてしまうというのも解決策としては有効でしょう。そうすることで、自分だけでなく全員が年上の部下に対して肩をはらないで呼ぶことでできるようになります。




 ここでは、年上の部下が出来た時の呼び方について説明していきました。1人を尊重するのではなく、周りと協調し全員をさん付けで呼ぶことで呼び方の問題は解決できるでしょう。年上の部下が出来た時には参考にしてみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する