1. 上司が部下の能力を適切に評価する時に気をつけるべきポイント

上司が部下の能力を適切に評価する時に気をつけるべきポイント


 部下の評価を適切に行えるかどうかは、上司の信頼にも関わってきます。部下の評価をする時に気をつけなければいけないポイントをまとめました。

1つのイメージにひきずられない

 何かを評価する時に、ある特徴のイメージにひきずられられて他の特徴についての評価が歪められることがあります。これはハロー効果と呼ばれています。例えば、学歴がいいから仕事ができると思われることなどがあげられます。本来独立して存在しているはずの要素に関連性を持たせてしまうため、適切な評価をすることができなくなってしまうので注意が必要です。

業務の面だけを見る

 その人のプライベートな面がだらしないとしても、業務に支障がないようであればそのような視点を評価に入れるべきではありません。職場での態度や行動のみを評価の対象にするようにしましょう。

自分の理論で判断しない

 自分独自の理論で判断を下していないかも意識することが必要です。「この人はいつも自己啓発の本を読んでいるから、業務に対して積極的で知識も豊富なのだ」というような、論理性のない判断をしてしまうのは危険です。自分の判断がきちんと筋道が立っているか確認する習慣が必要でしょう。


 きちんと部下を評価する目は上司には不可欠です。部下の仕事への取り組みや成果などを常に意識していることが、適切な評価につながります。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する